【Python】リスト(List)の使い方について分かりやすく解説!サンプルコード付き!

リスト(List)は、整数、浮動小数点数、文字列などのデータを格納することができます。
他のプログラミング言語で言うと「配列」のようなイメージと思って良いでしょう。

今回はリストについて解説していきます。
また、Pythonでのリストと配列の違いについても解説していきます。

リスト(List)とは

リストとは、先ほども言いましたが、整数、浮動小数点数、文字列などのデータを格納することができます。
要素には順序があり、インデックスを用いて要素を指定できます。
また、要素の変更することも可能です。

リストの書き方

リストは下記のように記載します。

リストは違う型でも混合して格納することができます。

リストの基本的な使い方

リストの要素を変更する

リスト名の後ろに[番号]を指定して値を入力することで、リストの要素を変更することができます。
しかし、[番号]のスタートは「0」からなので注意してください。

出力結果

[‘リンゴ’, ‘ぶどう’, 2]
[‘リンゴ’, ‘パイナップル’, 2]

list[1] (2番目)に パイナップルと置き換えたことにより、ぶどうからパイナップルへ要素が変更されました。

リストを結合する方法

リストとリストの間に「+」をつけることでリスト同士を結合することができます。

出力結果

[3, ‘ぶどう’, ‘オレンジ’]
[‘バナナ’, 6, ‘ストロベリー’]
[3, ‘ぶどう’, ‘オレンジ’, ‘バナナ’, 6, ‘ストロベリー’]

リストとリストの間に「+」をつけることで、リスト同士が結合がされました。

リストを追加する方法

リスト名と追加する要素の間に「+」をつけることでリストに要素を追加することができます。

出力結果

[1, 2, ‘こんにちは’, 4, 5, 6, 7, ‘朝’, 9, 10, 11, ‘夜’, 13]

リストと要素の間に「+」をつけることで、リストに要素が追加されました。

リストの値を検索する

リストの値を検索するにはin演算子を使用します。
検索した結果ある場合はtrueを、ない場合はfalseを返します。

出力結果

TRUE
FALSE

in演算子によって、リストにあった場合はtrue、なかった場合はfalseが返されています。

リストの応用的な使い方

文字列をリストへ変換

文字列をリストへ変換するにはlist()関数を使用します。

出力結果

[‘ア’, ‘イ’, ‘ウ’, ‘エ’, ‘オ’, ‘か’, ‘き’, ‘く’, ‘け’, ‘こ’, ‘さ’, ‘し’, ‘す’, ‘せ’, ‘そ’]
[‘1’, ‘1’, ‘9’, ‘2’, ‘2’, ‘9’, ‘6’]

list()関数によって文字列がリスト型に変換されました。

文字列を作成

リストを元に文字列を作成したい場合は、join()関数を使います。

出力結果

1234よろしく5678
1 2 3 4 よろしく 5 6 7 8

join()関数によってリストを元に文字列が作成されました。

重複を取り除く

配列の要素の重複を取り除くにはset関数()を使用します。

出力結果

{‘1’, ‘7’, ‘2’, ‘4’, ‘8’, ‘3’, ‘6’, ‘5’, ‘よろしく’}
{‘1’, ‘おはよう’, ‘7’, ‘8’, ‘6’, ‘5’, ‘よろしく’}

重複された値は削除されています。しかし、リストの順番はリセットされて並び替えられます。

リストをスライスする

リストをスライスするには配列名[開始位置:終了位置]を指定します。

出力結果

[‘3’, ‘4’, ‘よろしく’]
[‘1’, ‘よろしく’, ‘5’, ‘6’]

それそれ開始位置と終了位置でカットされて表示されています。

リストで使用できる便利な関数

リストできる便利な関数があります。リストで使用できる関数について知りたい場合は5. データ構造をご参照ください。

多重リストとは

リストの中にリストが入ったものを多重リスト(または多次元リスト)と呼びます。

多重リストの書き方

多重リストは下記のようにして作成します。

今までは、[]でリストを作成していましたが、作成していたのは1つのリストだけでした。
しかし、[]の中に[]をつけることで「リストの中にリストを作る」、つまり多重のリストを作成することができます。

多重リストの取り出し方

多重リストは下記のようにして取り出します。

[]が2つありますが、まず、左側の[]はリストのインデックスを指定しています。
そして右側の[]は左側で指定したリストのその中にある要素を指定しています。
また、リストのインデックスは0から始まりますので注意してください。

ここで多重リストを使ったサンプルコードを見てみましょう。

出力結果

石川
17
鈴木
16
佐藤
15

[]を2つ使うとでstudentの中にあるリストの中の要素を指定すし、要素を特定した上でそれぞれ取得しています。

リストと配列の違い

リストと配列の大きな違いとしては2点挙げられます。
まず1つ目は、リストは異なる型を格納して作成できますが、配列は同じ型しか格納できません。
そして2つ目は、リストはimportせずに使えますが、配列は「import array」としてインポートしないと使用できないということです。

この結果からしてどちらが使いやすいかというとリストだと思います。
その為、Pythonの配列という名前のリストが使われているケースが多いです。

配列について知りたい場合は【Python】配列の使い方をわかりやすく解説!をご参照ください。

Writer
壷井

壷井

株式会社flyhawkの壷井です。フライテックメディア事業部でのメディア運営・ライター業務なども担当。愛機はMac Book AirとThinkPad。好きな言語:swift、JS系(Node.js等)。好きなサーバー:AWS。受託開発やプログラミングスクールの運営をしております。ご気軽にお問い合わせください。

最新の案件情報

フリーランスエンジニアの案件探し