【Python】for文にrange関数を使って特定回数の繰り返し処理を行う!サンプルコード付き!

for文の繰り返し処理とrange()関数の組み合わせることで特定の回数だけ繰り返し処理を行うことができます。
その為、プログラムを効率よく記述することができます。

今回はfor文の繰り返し処理とrange()関数の組み合わせた特定回数の繰り返し処理についてサンプルコードを使って分かりやすく解説します。

for文とは

for文とはある処理を繰り返し行いたい場合に使用されます。
同じ文を何度も書く代わりにfor文の中に処理を書くことでその処理を決められた回数繰り返すことができます。

for文の書き方

for文は下記のように記載します。

for文を使った簡単なサンプルコードを見てみましょう。

出力結果

リンゴ
ゴリラ
ラッパ
1
2
3

for文について詳しく知りたい場合は【Python】for文(for in)で繰り返し処理を行う!書き方や使い方を徹底解説!をご参考ください。

range関数とは

range()関数とは、デフォルトで0から始まり、1(デフォルト)で増減する一連の数値を返し、指定した数値の前で停止します。

range関数の書き方

range関数は下記のようになります。

range関数を使った簡単なサンプルコードを見てみましょう。

出力結果

[0, 1, 2, 3, 4, 5]
[]

for文について詳しく知りたい場合は【Python】range()関数の使い方を徹底解説!サンプルコード付き!をご参考ください。

for文の処理でrange()関数を使ったサンプルコード

終了値を設定した繰り返し処理

終了値を設定した繰り返し処理を行なってみます。
0からスタートして、 終了値-1で終了するイメージです。

出力結果

1 回実行されました。
2 回実行されました。
3 回実行されました。
4 回実行されました。
5 回実行されました。
6 回実行されました。
7 回実行されました。
8 回実行されました。
9 回実行されました。
10 回実行されました。

終了値を10に設定し、i + 1と記載してますので1から10までが出力されています。
その為、iには本来0から9が出力されています。
また、終了値を-2に設定するとか何も取得できず、空で帰ってきます。

開始値と終了値を設定した繰り返し処理

r>range()関数に開始値と終了値を設定した繰り返し処理を行ってみます。
開始値からスタートして、 終了値-1で終了するイメージです。
開始値 >= 終了値の場合は空になります。

出力結果

2 回実行されました。
3 回実行されました。
4 回実行されました。
5 回実行されました。
6 回実行されました。
7 回実行されました。
8 回実行されました。
9 回実行されました。
-2 回実行されました。
-1 回実行されました。
0 回実行されました。
1 回実行されました。
2 回実行されました。
3 回実行されました。
4 回実行されました。

開始値を2、終了値を13へ設定したので2から12までが出力されています。
開始値を-2、終了値を5へ設定したので-2から4までが出力されています。
また、開始値を5、終了値を3へ設定したので何も取得できず、空で帰ってきます。

開始値、終了値、間隔を設定した繰り返し処理

range()関数に開始値、終了値、間隔を設定して処理を行ってみます。
開始値 >= 終了値の場合は空になります。

出力結果

1 回実行されました。iの値は 3
2 回実行されました。iの値は 5
3 回実行されました。iの値は 7
4 回実行されました。iの値は 9
5 回実行されました。iの値は 11
6 回実行されました。iの値は 13
1 回実行されました。jの値は -3
2 回実行されました。jの値は -1
3 回実行されました。jの値は 1

開始値を3、終了値を15、間隔を2に設定したのでiの値は5、7、9、11,
13が出力されています。
開始値を-3、終了値を3、間隔を2に設定したのでiの値は-3、-1、1が出力されています。
また、開始値を16、終了値を15、間隔を2に設定したので何も取得できず、空で帰ってきます。

間隔をマイナスに設定した逆の繰り返し処理

range()関数の間隔をマイナスにして逆の繰り返し処理を行ってみます。
開始値 <= 終了値の場合は空になります。

出力結果

1 回実行されました。iの値は 15
2 回実行されました。iの値は 12
3 回実行されました。iの値は 9
4 回実行されました。iの値は 6
1 回実行されました。jの値は 15
2 回実行されました。jの値は 12
3 回実行されました。jの値は 9
4 回実行されました。jの値は 6
5 回実行されました。jの値は 3
6 回実行されました。jの値は 0
7 回実行されました。jの値は -3

開始値を15、終了値を3、間隔を-3設定したのでiの値は15、12、9、6が出力されています。
開始値を15、終了値を-4、間隔を-3に設定したのでiの値は15、12、9、6、3、0、-3が出力されています。
しかし、開始値を15、終了値を17、間隔を-3に設定したので値を取得できず、空で帰ってきます。

浮動小数点数を扱う場合

浮動小数点数を扱う場合はround()関数を使用します。
range()関数だけでも可能ですが、浮動小数点数の積を扱う場合、結果に誤差が生じます。

range()関数だけ使用した例

出力結果

0.30000000000000004
0.4
0.5
0.6000000000000001
0.7000000000000001
0.8

正しく出力できている値もあれば、誤差が生じている値もあります。
ここで、round関数を使用して実行してみましょう。

round()関数を使用した例

出力結果

0.3
0.4
0.5
0.6
0.7
0.8

すべて誤差なく正しい値が出力されました。

Writer
壷井

壷井

株式会社flyhawkの壷井です。フライテックメディア事業部でのメディア運営・ライター業務なども担当。愛機はMac Book AirとThinkPad。好きな言語:swift、JS系(Node.js等)。好きなサーバー:AWS。受託開発やプログラミングスクールの運営をしております。ご気軽にお問い合わせください。

最新の案件情報

フリーランスエンジニアの案件探し