【Python】for文の繰り返し処理をリスト(List)で行う!サンプルコード付き!

for文の繰り返し処理をリストで行うことでリスト(List)の中にある要素を取り出すことができます。
そして、その取り出した要素を変数に格納することができます。

今回はfor文の繰り返し処理をリストで行っているンプルコードを紹介し、基本的な使い方と応用的な使い方について解説します。

for文とは

for文とはある処理を繰り返し行いたい場合に用いる文法です。
同じ文を何度も書く代わりにfor文の中に処理を書くことでその処理を決められた回数繰り返すことができます。

for文の書き方

for文は下記のように記載します。

for文について詳しく知りたい場合は【Python】for文(for in)で繰り返し処理を行う!書き方や使い方を徹底解説!をご参考ください。

リストとは

任意の型(整数、浮動小数点数、文字列など)のデータを格納できます。
リストの要素は変更可能であり、他のプログラミング言語における「配列」的な使い方をします。

リスト(list)の書き方

リストは下記ように書きます。

リストについて詳しく知りたい場合は【Python】リスト(list)の使い方について分かりやすく解説!サンプルコード付き!をご参考ください。

基本: for文の処理でリストの要素を取得する

for文でリストの要素を取得

出力結果

xが取得する値
キリン
ゴリラ
ライオン
yが取得する値
1
2
3
4
5
zが取得する値
1
2
3
キリン
ライオン

for文の繰り返し処理でリストの要素を取得することができます

continueでリスト取得の処理をスキップ

出力結果

xが取得する値
キリン
ゴリラ
ライオン
yが取得する値
1
2
3
4
5
zが取得する値
1
2
3
キリン
ライオン

breakでリスト取得の処理を抜ける

出力結果

xが取得する値
キリン
yが取得する値
1
2
3
zが取得する値
1
2
3

indexとリストの要素を取得

enumerate()関数を使用することで複数のリストの要素を同時に取得できます。

出力結果

xが取得する値
0 キリン
1 ゴリラ
2 ライオン
yが取得する値
0 1
1 2
2 3
3 4
4 5
zが取得する値
0 1
1 2
2 3
3 キリン
4 ライオン

enumerate()関数によってindexとリストの要素を取得しています。

複数のリストの要素を同時に取得

zip()関数を使用することで複数のリストの要素を同時に取得することができます。

出力結果

xが取得する値
キリン パンダ
ゴリラ コアラ
ライオン ペンギン
yが取得する値
1 6
2 7
3 8
4 9
5 10
zが取得する値
1 1
2 4
3 ペンギン
キリン しまうま
ライオン 9

zip()関数によって複数のリストの要素を同時に取得しています。

応用: for文の処理でリストの要素を取得する

多重リストからリストを作成

出力結果

[1, 2, 3]
[4, 5, 6]
[7, 8, 9]
[10, 11, 12]
[1, 8, 27, 64, 125, 216, 343, 512, 729, 1000, 1331, 1728]
[9, 9, 9, 36, 36, 36, 81, 81, 81, 144, 144, 144]
[‘リンゴ’, ‘オレンジ’, ‘ぶどう’]
[‘メロン’, ‘さくらんぼ’, ‘レモン’]
[‘パイナップル’, ‘マンゴー’, ‘イチゴ’]
[‘マスカット’, ‘グレープフルーツ’, ‘シークワーサー’]
[‘リンゴ’, ‘ぶどう’, ‘メロン’, ‘さくらんぼ’, ‘パイナップル’, ‘マンゴー’, ‘イチゴ’, ‘マスカット’, ‘グレープフルーツ’, ‘シークワーサー’]

listは二重リストとなっており、forを二重で回すことで二重にリストの要素を取得することができます。
また、fruitsも二重リストとなっており、配列名[数字][数字]で要素を指定していますので、その要素を指定された場合はcontinuneを通り、値を配列に追加する処理がスキップされています。

Writer
壷井

壷井

株式会社flyhawkの壷井です。フライテックメディア事業部でのメディア運営・ライター業務なども担当。愛機はMac Book AirとThinkPad。好きな言語:swift、JS系(Node.js等)。好きなサーバー:AWS。受託開発やプログラミングスクールの運営をしております。ご気軽にお問い合わせください。

最新の案件情報

フリーランスエンジニアの案件探し