【CSS】要素を並べるならFlexbox!使い方について解説!

HTML/CSSで要素を並べる時、皆さんはどのようにして並べていますか?

marginやpaddingを使って余白の設定をしたり、floatを使って横に並べたりしていませんか?

もし、marginやpaddingを使って余白の設定をしたり、floatを使って横に並べたりしている場合はいますぐ、Flexboxに切り替えましょう。

Flexboxとは、要素のボックスを左から右、上から下に並べることができるレイアウト手法でありプロパティを使用することで、幅や配置位置、配置方向などを設定できるのでフレキシブルな配置ができます。

その為、画面に合わせて、要素を折り返すことができたり、各要素のスペースなども均等に割り当てることが可能になります。

今回は、CSSのFlexboxについて初心者の方でも分かりやすく以下の内容で解説していきます。

⚫︎ 要素をFlexbox化する場合
⚫︎ Flexboxの配置方向と折り返しを設定する場合
⚫︎ Flexboxの幅の設定をまとめる場合

⚫︎ Flexboxを横方向で揃える場合
⚫︎ Flexboxを縦方向で揃える場合

Flexboxとは

FlexboxとはCSSフレキシブルボックスレイアウトと呼ばれ、ボックスを並べる方向を自由に設定できるレイアウト手法になります。
ボックスを並べる方向を自由に設定できることから左から右へ並べたり、上から下へと並べることができます。

初期状態では、子要素は1行または1列で並べられますが、ボックスを折り返すことも可能であり、親要素のボックスの幅に応じて、子要素の幅もフレキシブルに設定することができます。

⚫︎ 並べる方向を設定(初期状態)

⚫︎ 並べる方向を設定(折り返し設定)

Flexboxの基本的な使い方

Flexboxの基本的な使い方について紹介していきます。

要素をFlexbox化する場合

要素をFlexbox化する場合は、フレックスボックスにしたい親要素のdisplayプロパティの値にflexを設定します。

sample.html

style.css

出力結果

親要素のdisplayプロパティにflexの値を設定することで、要素をFlexbox化しています。
その為、子要素が左から右へ1行で並べられています。

Flexboxの配置方向と折り返しを設定する場合

Flexboxの配置方向と折り返しを設定する場合は、Flexbox化した親要素にflex-flowプロパティを設定します。

flex-flowはFlexboxの子要素を並べる方向と、折り返しを行うかどうかを指定するプロパティになります。
値は半角スペースで区切り、順番関係無しで指定できます。

また、flex-flowで設定できる値は下記のようになります。

説明
row(-reverse) 左から右へ設定する(reverseをつけると逆順になる)
column(-reverse) 上から下へ設定する(reverseをつけると逆順になる)
wrap 収まりきらなかった場合は折り返す
nowrap 収まりきらなかった場合は子要素の幅が小さくなって折り返しをしない

sample.html

style.css

出力結果

Flexbox化した親要素にflex-flowプロパティを設定することでFlexboxの配置方向と折り返しを設定しています。
その為、画面に収まりきらない場合は折り返して配置されています。

Flexboxの幅の設定をまとめる場合

Flexboxの幅の設定をまとめる場合は子要素にflexプロパティを使用します。

flexはflex-growやflex-shrink、flex-basisという3つのプロパティの値をまとめて設定できるプロパティであり、基本的には「auto」や「none」、比率を表す「実数」などを指定して使用します。

sample.html

style.cs

出力結果

親要素にflex-flowプロパティを設定することで、Flexboxの幅の設定をまとめることができます。
その為、子要素の幅がそれぞれ設定されて配置されています。

Flexboxの配置位置を設定する方法

Flexboxの配置位置を設定することができるjustify-contentプロパティやalign-itemsプロパティについて紹介します。

Flexboxを横方向で揃える場合

Flexboxを横方向で揃える場合は親要素にjustify-contentプロパティを使用します。

justify-contentは子要素の横方向(インライン要素の進む方向)での位置揃えを行うプロパティであり、値の一覧は下記のようになります。

説明
flex-start(デフォルト) 左側に寄せて配置する
flex-end 右側に寄せて配置する
center 中央に寄せて配置する
space-between 余分なスペースを子要素の間に均等に割り当てる
space-around 余分なスペースを子要素の左右に均等に割り当てる

sample.html

style.css

出力結果

親要素にjustify-contentプロパティを設定することで、Flexboxを横方向で揃えるとができます。
その為、子要素の余白が均等に空けられて配置されています。

Flexboxを縦方向で揃える場合

Flexboxを縦方向で揃える場合は親要素にalign-itemsプロパティを使用します。

align-itemsは子要素の縦方向(ブロック要素の進む方向)での位置揃えを行うプロパティであり、値の一覧は下記のようになります。

説明
flex-start 上に寄せて配置する(デフォルト)
flex-end 下に寄せて配置する
center 中央に寄せて配置する
stretch(デフォルト) 上下いっぱいに引き伸ばす
baseline 先頭行のベースラインを揃える

sample.html

style.css

出力結果

親要素にalign-itemsプロパティを設定することで、Flexboxを縦方向で揃えるとができます。
その為、子要素が中央に寄せて配置されています。

今回のポイント

Flexboxでボックスの並べる方向を自由に設定できる

⚫︎ Flexboxとは要素のボックスを左から右、上から下に並べることができるレイアウト手法であり、プロパティを使用することで、幅や配置位置、配置方向などを設定できるのでフレキシブルな配置ができる

⚫︎ 要素をFlexbox化するには親要素のdisplayプロパティにflexを指定する

⚫︎ Flexboxの配置方向と折り返しを設定するにはFlexbox化した親要素にflex-flowプロパティを設定する

⚫︎ Flexboxの幅の設定をまとめるには子要素にflexプロパティを使用する

⚫︎ Flexboxを横方向で揃えるには親要素にjustify-contentプロパティを使用する

⚫︎ Flexboxを縦方向で揃えるには親要素にalign-itemsプロパティを使用する

Writer
壷井

壷井

株式会社flyhawkの壷井です。フライテックメディア事業部でのメディア運営・ライター業務なども担当。愛機はMac Book AirとThinkPad。好きな言語:swift、JS系(Node.js等)。好きなサーバー:AWS。受託開発やプログラミングスクールの運営をしております。ご気軽にお問い合わせください。

最新の案件情報

フリーランスエンジニアの案件探し