【Python】for文にenumerate()関数を使ってリスト等の要素とインデックスを取得する!

for文にenumerate()関数を使用することでリスト等の要素とインデックスを取得することができます。

enumerate()関数は要素を取得する際にインデックスを自動的に付けてくれるので、for文と組み合わせて使用することでとてもシンプルなコードでインデックスをを取得することができる便利なメソッドです。

今回はfor文にenumerate()関数を使って以下の内容について解説します。
forとは
enumerate()とは
リスト、タプル、辞書、配列で要素とインデックスをそれぞれで取得した場合

for文とは

for文(for in)とは繰り返し処理であり、特定の条件が満たされるまで同じ数のコードを何度も実行する事を言います。
ループ処理を使うと、数値や数式などを何回も書かなくて済みますので、非常に便利です。

for文の書き方

for文の構文は下記となります。

for文について詳しく知りたい場合は【Python】for文(for in)で繰り返し処理を行う!書き方や使い方を徹底解説!をご参照ください。

enumerate()関数とは

enumerate()関数とは、リストを反復処理しているときに要素のインデックスを取得することができます。
反復可能なオブジェクト(ゼロ以上)を受け取り、それらをタプルに集約して返します。

enumerate()関数の書き方

enumerate()関数の構文は下記になります。

for文について詳しく知りたい場合は【Python】enumerate()関数でリストの要素とインデックスを取得!サンプルコード付き!をご参照ください。

for文とenumerate()関数を組み合わせ、要素とインデックスを取得

for文とenumerate()関数を組み合わせてリスト、タプル、辞書、配列の要素とインデックスを取得します。

list(リスト)の場合

リストの要素とインデックスを取得します。

出力結果

(0, ‘田中’)
(1, ‘鈴木’)
(2, ‘木村’)
(3, ‘中村’)
(4, ‘本田’)
(5, ‘松本’)
(0, 1)
(1, 2)
(2, 3)
(3, 4)
(4, 5)
(5, 6)

リストの要素をそれぞれ取得し、要素ごとによってインデックスが付与されています。

tuple(タプル)の場合

タプルの要素とインデックスを取得します。

出力結果

(0, ‘田中’)
(1, ‘鈴木’)
(2, ‘木村’)
(3, ‘中村’)
(4, ‘本田’)
(5, ‘松本’)
(0, 1)
(1, 2)
(2, 3)
(3, 4)
(4, 5)
(5, 6)

タプルの要素をそれぞれ取得し、要素ごとによってインデックスが付与されています。

dict(辞書)の場合

辞書の要素とインデックスを取得します。

出力結果

(0, ‘A’)
(1, ‘B’)
(2, ‘C’)
(3, ‘D’)
(4, ‘E’)
(0, ‘Apple’)
(1, ‘Ball’)
(2, ‘Cat’)
(3, ‘Desk’)
(4, ‘eye’)
(0, 11)
(1, 12)
(2, 13)
(3, 14)
(4, 15)
(0, 11)
(1, 12)
(2, 13)
(3, 14)
(4, 15)

辞書の要素をそれぞれ取得し、要素ごとによってインデックスが付与されています。

array(配列)の場合

配列の要素とインデックスを取得します。

出力結果

(0, ‘あ’)
(1, ‘い’)
(2, ‘う’)
(3, ‘え’)
(4, ‘お’)
(5, ‘か’)
(0, 1)
(1, 2)
(2, 3)
(3, 4)
(4, 5)
(5, 6)

配列の要素をそれぞれ取得し、要素ごとによってインデックスが付与されています。

Writer
壷井

壷井

株式会社flyhawkの壷井です。フライテックメディア事業部でのメディア運営・ライター業務なども担当。愛機はMac Book AirとThinkPad。好きな言語:swift、JS系(Node.js等)。好きなサーバー:AWS。受託開発やプログラミングスクールの運営をしております。ご気軽にお問い合わせください。

最新の案件情報

フリーランスエンジニアの案件探し