【Python】文字列を分割!split()関数の使い方を解説

Pythonでは、split関数を使うことである文字列を、ここで区切りたい時などのように自分のルールに基づいて文字列を取得したい場合にその分割した文字列を配列で取得することができます。

今回はsplit()関数の使い方についてわかりやすく解説していきます。

split()関数とは

Pythonのsplit関数とは先ほども言いましたが、ある文字列をここで区切りたい場合、その分割した文字列を配列で取得することができます。
例えば、「※」という文字で区切りたいと言う自分のルールを作成し、「※」に基づいて文字列を区切ることができます。

split()関数の書き方

Pythonのsplit関数の書き方はは次のようになります。

パラメータ

パラメータは以下のようになります。
・区切り文字
文字列を分割する時の文字指定します。(ここの文字で分割される)
・最大区切り数
実行する分割の数を指定します。

split()のサンプルコード

split()関数を使ったサンプルコードを見てみましょう。
ここでは、「#」を区切り文字として文字列を区切るようにしています。

出力結果

[‘アップル’, ‘バナナ’, ‘さくらんぼ’, ‘オレンジ’]

spli()関数によって「#」で文字列が区切られました。

split()関数で文字を分割する方法

split()関数では文字列を文字、文字数、空白などによって分割する方法があります。

空白で文字列を分割する

空白で文字数を区切るには指定する必要はありません。
split()関数を呼び出すことで空白で自動的に空白で区切られます。

出力結果

[‘アップル’, ‘バナナ’, ‘さくらんぼ’, ‘オレンジ’]

また空白を2つ開けた場合もで綺麗に区切ることができます。

出力結果

[‘アップル’, ‘バナナ’, ‘さくらんぼ’, ‘オレンジ’]

このように区切る文字を設定しないでsplit()関数を呼び出すと、空白で区切ることができます。

スラッシュで文字列でを分割する

スラッシュで文字列を区切るにはsplit()関数の区切り文字に「/」を指定することで文字列を区切ることができます。

出力結果

[‘アップル’, ‘バナナ’, ‘さくらんぼ’, ‘オレンジ’]

スラッシュで文字列が区切られました。

ある文字で文字列を分割する

ある文字で文字列を区切るには区切り文字に区切りたい文字を指定します。

出力結果

[‘アップル’, ‘バナナ’, ‘さくらんぼ’, ‘オレンジ’]

「と」という文字で文字列が区切られました。

区切る回数を指定する

splitでは第二引数である最大区切り数を設定することで、分割する回数を指定する事が可能になります。

出力結果

[‘アップル’, ‘バナナ’, ‘さくらんぼ#オレンジ’]

spli()関数の第二引数である最大区切り数を設定することによってその回数分文字列が区切られました。
そのため、「さくらんぼ#オレンジ」は一つの文字列として表示されています。

逆から文字列を分割する方法

<

“>逆から文字を分割するにはrsplit()関数を使用します。
rsplit()メソッドはsplit()の右から分割するメソッドです。

出力結果

[‘アップル#バナナ’, ‘さくらんぼ’, ‘オレンジ’]

rspli()関数を使用することによってそ右から文字を区切られました。
最大区切り数が2回であるため、「’アップル#バナナ’」は一つの文字列として表示されています。

改行で文字列を分割する方法

<

>改行で文字列を分割するにはsplitlines()関数を使用します。
区切り文字に改行文字を指定して文字列を区切ることもできますが、改行で分割するならば引数を設定する必要がないのでsplitlines()メソッドを使ったほうがいいでしょう。

出力結果

[‘アップル’, ‘バナナ’, ‘さくらんぼ’, ‘オレンジ’]

改行コードで文字列が区切られました。

Writer
壷井

壷井

株式会社flyhawkの壷井です。フライテックメディア事業部でのメディア運営・ライター業務なども担当。愛機はMac Book AirとThinkPad。好きな言語:swift、JS系(Node.js等)。好きなサーバー:AWS。受託開発やプログラミングスクールの運営をしております。ご気軽にお問い合わせください。

最新の案件情報

フリーランスエンジニアの案件探し