C#のループ(繰り返し)処理を初心者でもわかりやすく解説

ここではfor文、foreachを使ったC#のループ(繰り返し)処理をサンプルコード付きで解説していきます。

C#forループ

ループ(繰り返す)回数がわかっている場合はfor文を使用します。

for文を使ったサンプルコード1

サンプルコードの解説
「int i = 0」は、ループが始まる前に変数を設定します。
「 i < 10」は、ループを実行するための条件を定義しています。
条件がのtrue場合、ループは最初からやり直し、条件がの場合、falseループは終了します。
「i++」は、ループ内のコードブロックが実行されるたびに値(i)を増やします。

for文を使ったサンプルコード2

0〜10の偶数の値のみを出力する。

foreachを使ったループ

foreachの構文

foreachを使ったサンプルコード

次の例では 、foreachを使用してcars配列のすべての要素を出力します。

Writer
Ryotin

Ryotin

現役フリーランスエンジニアです。使ってるエージェントはフライテック!得意言語はJava。月収は75万円。SESのフリーランスではこれ以上稼ぐのは厳しそう...とはいってもサラリーマンの時より倍の収入だから家族も喜んでるけどね!

最新の案件情報

フリーランスエンジニアの案件探し