【Java】3分あれば理解!Dateクラスを使って現在日時を取得する!

Dateクラスを使って現在日時を取得するにはDateクラスをインスタンス化するcurrentTimeMillis()メソッドを使用します。

「Date」クラスは、日時データを保持するだけのクラスです。
Dateクラスをインスタンス化することで現在の日時がセットされたオブジェクトが作成されます。

また、System.currentTimeMillis()メソッドを使用することで現在日時のミリ秒を取得することができます。

今回はDateクラスを使って以下の場合で現在日時を取得していきます。
Dateクラスでシステム日時を取得する場合
Dateクラスで現在日時のミリ秒を取得する場合

また、以下の場合で現在日時を取得する方法も紹介します。
Calendarクラスで現在日時を取得する場合
LocalDatetimeクラスで現在日時を取得する場合

Dateクラスとは

Dateクラスとは日時データを保持するクラスとなります。
Dateクラスには、「java.util.Date」クラスとそのサブクラスの「java.sql.Date」クラスとがありますが、「Date」クラスは「java.util.Date」クラスを指します。

「Date」クラスは、日時データを保持するだけのクラスです。
書式を整えて出力したい場合には、DateFormatクラスを使い、日付の計算を行いたい場合にはCalendarクラスを使います。

Dateクラスの書き方

Dateクラスの構文は下記となります。

Dateクラスを使用できるようにインポートします。
そうすることでDateクラスで準備されているメソッドなどが使用できるようになります。

currentTimeMillis()メソッドとは

currentTimeMillis()メソッドは現在日時をミリ秒で取得するメソッドとなります。

currentTimeMillis()メソッドの書き方

currentTimeMillis()メソッドの構文は下記となります。

System.currentTimeMillis()を呼び出すことで現在日時のミリ秒を取得することができます。

現在日時を取得するサンプルコード

現在日時を取得するサンプルコードを紹介します。

システム日時を取得する場合

システム日時を取得する場合は、Dateクラスのインスタンスを作成することで取得することができます。

出力結果

Date:Fri Aug 21 09:00:53 UTC 2020

現在日時をミリ秒で取得する場合

出力結果

ミリ秒: 1598000764140

Calendarクラスで現在日時を取得する場合

Calendarクラスで現在日時を取得する場合は、CalendarクラスのgetInstance()メソッドを使うことで現在の日時を取得することができます。

出力結果

Fri Aug 21 09:41:24 UTC 2020

LocalDatetimeクラスで現在日時を取得する場合

LocalDateTimeクラスで現在日時を取得する場合は、LocalDatetimeクラスのインスタンスを生成することで現在の日時を取得することができます。

出力結果

2020-08-21T09:45:08.249061

今回のポイント

Dateクラスで現在日時を取得するには2つの方法がある

Dateクラスで現在日時を取得するにはDateクラスのインスタンスを作成するか、System.currentTimeMillis()メソッドを呼び出す方法がある。

デフォルトコンストラクタを使って「Date」インスタンスを作成すると、システム日時を表すインスタンスを作成されます。

また、System.currentTimeMillis()メソッドを呼び出すと、現在日時をlong型で取得することができます。
これは、1970年1月1日午前0時からの経過ミリ秒数であり、プリミティブ型で日付情報を保持するにはこのlong型の値を使用します。

関連記事

Dateクラスについて詳しく知りたい場合はこちらをご参考ください。

Writer
壷井

壷井

株式会社flyhawkの壷井です。フライテックメディア事業部でのメディア運営・ライター業務なども担当。愛機はMac Book AirとThinkPad。好きな言語:swift、JS系(Node.js等)。好きなサーバー:AWS。受託開発やプログラミングスクールの運営をしております。ご気軽にお問い合わせください。

最新の案件情報

フリーランスエンジニアの案件探し