【Java】 コンストラクタとは?Javaのコンストラクタの使い方を解説!

Javaのコンストラクタは、オブジェクトの初期化に使用される特別なメソッドです。
コンストラクタは、クラスのオブジェクトが作成されるときに呼び出されます。オブジェクト属性の初期値を設定するのにも使用できます。

コンストラクタの作成

コンストラクタの名前はクラス名と一致する必要があり、戻り型voidなど)を持つことはできません 。
また、オブジェクトが作成される時にコンストラクタが呼び出されることにも注意してください。
すべてのクラスにはデフォルトでコンストラクタがあります。クラスコンストラクタを自分で作成しない場合、Javaが作成します。ただし、オブジェクト属性の初期値を設定することはできません。

コンストラクタのパラメーター

コンストラクタは、属性を初期化するために使用されるパラメータを取ることもできます。

次の例ではint y、コンストラクタにパラメーターを追加します。コンストラクタ内で、xをyに設定します(x = y)。コンストラクタを呼び出すとき、パラメーターをコンストラクタ(5)に渡します。これにより、xの値が5に設定されます。

必要なだけパラメータを設定できます。

Writer
Ryotin

Ryotin

現役フリーランスエンジニアです。使ってるエージェントはフライテック!得意言語はJava。月収は75万円。SESのフリーランスではこれ以上稼ぐのは厳しそう...とはいってもサラリーマンの時より倍の収入だから家族も喜んでるけどね!

最新の案件情報

フリーランスエンジニアの案件探し