【Java】コメントの書き方を解説!Javaのコメントの記載方法は2種類!

コメントは、Javaのコードを説明し、読みやすくするために使います。テストするときにバグを防ぐためにも使用されます。自分で作成したプログラムでも、何をしているのかわからなくなる時があるので、そういったことを防ぐために使用します。

Javaのコメントは、一行だけのコメントと複数行のコメントの2種類があります。

単一行コメント

単一行コメントは、2つのスラッシュ(//)から始まります。

//を記載すると、//から行の終わりまでのテキストは実行されません。

単一行コメントのサンプルコードを見ていきましょう。

サンプルコード

出力結果

Hello World

下記例では、コード行の最後に1行のコメントを使用しています。
//より前は実行され、//より後は実行されません。

サンプルコード

出力結果

Hello World

Javaでの複数行コメント

複数行のコメントは/*で始まり、*/で終わります。

/*との間のテキストは*/Javaによって実行されません。

下記は、複数行コメント(コメントブロック)を使用しているサンプルです。

サンプルコード

出力結果

Hello World

単一行か複数行どっちのコメントを使えばいい?

使い方はあなた次第です。

ですが、一般的に短いコメントは// 長いコメントは/* */を使用します。

Writer
Ryotin

Ryotin

現役フリーランスエンジニアです。使ってるエージェントはフライテック!得意言語はJava。月収は75万円。SESのフリーランスではこれ以上稼ぐのは厳しそう...とはいってもサラリーマンの時より倍の収入だから家族も喜んでるけどね!

最新の案件情報

フリーランスエンジニアの案件探し