【Java】基本的な変数の型をサンプルコード付きで解説

Java では基本のデータ型が用意されており、データ型によって扱えるデータの種類が決められています。
理由としては、規則が厳しければ誰が作ってもある程度セキュリティが担保されたものが作られ、創った人以外が見ても理解しやすいためです。これがJavaが企業から人気の理由の一つです。

データ型は2つのグループに分けられます。
プリミティブデータ型(データ型) -byte、short、int、long、 float、double、boolean、char
非プリミティブデータ型 -文字列、配列、 クラス等(これらについては、後の章で詳しく説明します)
ここでは Java で用意されているプリミティブデータ型(データ型)の種類と扱えるデータについて解説します。

プリミティブデータ型(データ型)

プリミティブデータ型(データ型)は、サイズとデータにあった型を選んで使います。変数が宣言された時点でメモリがとられるので、格納するデータにあった型を使いましょう。

サイズ 説明
byte 1 byte -128から127までの整数を格納
short 2 bytes 32,768〜32,767の整数を格納
int 4 bytes -2,147,483,648から2,147,483,647までの整数を格納
long 8 bytes -9,223,372,036,854,775,808から9,223,372,036,854,775,807までの整数を格納
float 4 bytes 4バイト小数を格納できます。 6桁から7桁の10進数を格納
double 8 bytes 8バイト小数をできます。 15桁の10進数を格納
boolean 1 bit 1ビットを格納できます。真または偽の値を格納
char 2 bytes 2バイト単一の文字/文字またはASCII値を格納

整数のデータ型

プリミティブ番号タイプは、2つのグループに分けられます。

整数型は、正または負の整数(123や-456など)を格納できますが、小数点は格納できません。種類はbyte、short、int 、longの4つが用意されてます。
浮動小数点型は、小数部分を持つ値を格納することができる型です。floatとdoubleの2つが用意されています。

byte型

byteデータ型は、-128から127までの整数を格納することができます。
変数の値が-128から127の範囲内である事を確信できる時のみ、メモリを節約するためにbyteを使用します。

short

short型は、-32768から32767までの整数を格納することができます

int

intデータ型は、-2147483648から2147483647までの整数を格納することができます。
一般的に整数で変数を作成する時にはint型を使用します。

long型

long型は、intでは足りない時に使用します。-9223372036854775808から9223372036854775807までの整数を格納することができます。
「L」で値を終了する必要があることに注意してください。

浮動小数点型のデータ型

9.99や3.14515のように、小数点付きの数値を格納する場合は浮動小数点型のデータ型を使用しなければいけません。
intやlongは小数点付きの数値を格納する事はできません。

float

floatデータ型は、下記の値が格納できます。

負の値:-3.4028235E+38 ~ -1.401298E-45
正の値:1.401298E-45 ~ 3.4028235E+38

値の最後には「f」を付ける必要があることに注意してください。

double

doubleデータ型は、下記の値が格納できます。

負の値:-1.79769313486231570E+308 ~ -4.94065645841246544E-324
正の値:4.94065645841246544E-324 ~ 1.79769313486231570E+308

値の最後には「d」を付ける必要があることに注意してください。

floatかdoubleどっちを使うか迷ってますか?

浮動小数点値の精度は、小数点以下の桁数がどれくらいあるかによって変わってきます。
floatの精度は10進数で6桁または7桁ですが、doubleの精度は約15桁です。したがってdoubleを使用して計算する方が安全です。

科学的表記

浮動小数点数は、10の累乗を示す “e”を付けた科学的な数値にすることもできます。

論理型のデータ型

boolean型

true , false の論理値を格納するためのデータ型として boolean 型が用意されています。
boolean型は主に条件テストに使用されます。

文字列型

char型

charデータ型は、 単一の文字を格納できます。文字は ‘A’や ‘c’のようにシングルクォーテーションで囲む必要があります。

ASCII値を使用して特定の文字を表示することもできます。

String型

Stringデータ型は、文字(テキスト)の配列を格納できます。文字列値はダブルクォーテーションで囲む必要があります。

Writer
壷井

壷井

株式会社flyhawkの壷井です。フライテックメディア事業部でのメディア運営・ライター業務なども担当。愛機はMac Book AirとThinkPad。好きな言語:swift、JS系(Node.js等)。好きなサーバー:AWS。受託開発やプログラミングスクールの運営をしております。ご気軽にお問い合わせください。

最新の案件情報

フリーランスエンジニアの案件探し