【Java】roundを使って小数点以下の四捨五入を計算する!

小数点以下の四捨五入を行う場合にはMathクラスのroundメソッドを使用します。

Mathクラスのroundメソッドは、小数点以下の四捨五入を行うメソッドとなります。

四捨五入とは、対象の数値との距離が最も小さい整数値を求め、対象の数値が二つの整数値の中間にあるときは,二つの内の大きいほうの整数値になります。

その為、0〜4の場合は切り捨てて、5〜9の場合は切り上げて計算を行います。

今回はMathクラスのroundをメソッドを使って以下の内容について解説します。
正の数を四捨五入する場合
負の数を四捨五入する場合
無限大を四捨五入する場合
変数の最大値、最小値を四捨五入する場合
NaN(非数)を四捨五入する場合

roundメソッドとは

Mathクラスのroundメソッドは、引数より小さいか等しい数学の整数を戻すメソッドとなります。

roundメソッドの書き方

roundメソッドの構文は下記となります。

パラメータ

⚫︎ 数値:
四捨五入したい数値を指定

roundの()に数値を指定することで指定した数値を四捨五入して返します。
しかし、引数が負の無限大、または変数の最小値以下の値の場合は「変数の最小値」を四捨五入して戻し、正の無限大、または変数の最大値の場合は「変数の最大値」を四捨五入して戻します。

また、NaNの場合は「0」を戻します。

小数点以下の四捨五入を計算するサンプルコード

小数点以下の四捨五入を計算するサンプルコードを紹介します。

四捨五入する値が正の数である場合

出力結果

3.4の四捨五入結果⇒ 3
3.5の四捨五入結果⇒ 4
0.5の四捨五入結果⇒ 1
1.0の四捨五入結果⇒ 1
3.333の四捨五入結果⇒ 3

roundメソッドで小数点以下を四捨五入して表示しています。

四捨五入する値が負の数である場合

出力結果

-3.4の四捨五入結果⇒ -3
-3.7の四捨五入結果⇒ -4
-0.5の四捨五入結果⇒ 0
-1.0の四捨五入結果⇒ -1
-3.333の四捨五入結果⇒ -3

負の整数の場合でも符号は気にしないで、数値のみを判断して四捨五入が行われます。
その為、-3.7は-4となります。

四捨五入する値が無限大である場合

出力結果

Infinityの四捨五入結果⇒ 9223372036854775807
-Infinityの四捨五入結果⇒ -9223372036854775808

無限大の場合は最大値、最小値を四捨五入して返します。

四捨五入する値が最大値、最小値である場合

出力結果

9.223372036854776E18の四捨五入結果⇒ 9223372036854775807
-9.223372036854776E18の四捨五入結果⇒ -9223372036854775808

変数の最大値、最小値を指定する場合は変数の最大値、最小値を四捨五入して返します。

四捨五入する値がNaNである場合

出力結果

NaNの四捨五入結果⇒ 0

NaNの場合は0を返します。

今回のポイント

roundで小数点以下を四捨五入する

小数点以下の四捨五入を計算するにはMathクラスのroundメソッドを使用する

⚫︎ Mathクラスのroundメソッドで小数点以下の四捨五入を行う

⚫︎ 「-3.4」や「-3.5」場合は「-3」を戻し、「-3.6」の場合は「-4」を戻すようにパラメータに0.5を加え、その値を超えない範囲で最大(正の無限大に近い)の整数値を戻す

⚫︎ パラメータが無限大の場合は、その変数の最大値、最小値を四捨五入して返す

⚫︎ パラメータが最大値、最小値の場合は、その変数の最大値、最小値を四捨五入して返す

⚫︎ パラメータがNaNの場合は「0」を戻す

関連記事

小数点以下の切り捨てるfloorメソッドについてはこちらをご参考ください。

小数点以下の切り上げるceilメソッドについてはこちらをご参考ください。

Writer
壷井

壷井

株式会社flyhawkの壷井です。フライテックメディア事業部でのメディア運営・ライター業務なども担当。愛機はMac Book AirとThinkPad。好きな言語:swift、JS系(Node.js等)。好きなサーバー:AWS。受託開発やプログラミングスクールの運営をしております。ご気軽にお問い合わせください。

最新の案件情報

フリーランスエンジニアの案件探し